大切にする事の本当の意味

春という季節は
毎日ぽかぽかしていて
気分がいい~
というイメージですが
実際違いますよねー
毎日ぐずついて 風も強くて
すっきりしませんね

新年度を迎えるにあたり
何かと忙しかったりしましたが

もう少しブログにも力を注がなくては
それも お片づけネタを
書かなくては資格を取った
意味がない
と思い立ち
今日はお片づけに関する事を
少し語ります

何軒かのお宅に
お片づけ作業に伺って
感じた事

それは
モノを大切にすることの本当の意味

私たちは子供のころから
「モノは大切にしなさい」「大事にしなさい」と
教わって来ました

その結果 
大事にするとは  大切にするとは
「大事に箱に入れてとっておく」
「大切だから 使わずに しまっておく」
という 大きな勘違いとなってしまっている事があります

「このバッグ 自分へのご褒美に奮発しちゃった
キズがついたり 汚れたら もったいないから 
ここぞという時に使おう


ここぞ という時なんか
そうそうありません

どうぞ 毎日
大切に使って下さい

本当にもったいないのは
使わない事なんです

モノを大切にしない = モノを使わない

という事なんですね~
私はそれを聞いた時
目からうろこが落ちました
そっか その通りだよなぁって

さぁ 探してみて下さい

タンスや押入れ
食器棚の引き出しの奥

使わずに箱に入れて しまいこんであるモノ
きっと ありますよ~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。