服が捨てられない!! という方へ




お片づけサークル@ほっと越谷でした。



今回の私の中でのキーワードは  これ


思い出の服は、服ではなく  【モノ】 として扱う  という事。

 思い出のある服って、ほんとに手放せない

服って どんどん増えちゃって、気づくとクローゼットやタンスから溢れかえってる・・
「捨てよう」 と思っても

「イヤイヤ まだ着る機会があるかも・・」
「ダイエットしたら、痩せてまた着れるはず・・」


な~んて つい考えてしまいます。
中でも 思い出って奴は、とっても厄介。
手放せない理由が↑のような場合は
一度 着てみるんです。 すると 気がつくんですよ。

この服は  この先 もし 着る機会があったとしても、
ダイエットに成功したとしても、

「着ないわ・・」 って

だって 今着ても 似合わないんですもん
年月って残酷ですね・・
着てみる事で そこに気づき、手放す事が容易になります。


でも 思い出って、そういう事では処理出来ませんよね。
大切だけど、厄介なものです・・。


そんな時  こう考えたらどうでしょう
思い出の服は、もう服ではなくて、「思い出のモノ


服だと思うから、「着なくてはいけない」 という気持ちが湧いてきて、
クローゼットやタンスから出せなくなってしまう。

だけど、服ではないモノとして捉えれば、
クローゼットに置かなくてもいい訳です。


堂々と思い出BOXに入れて 取っておきます。
そうする事で、クローゼットの中の整理が進みますよね。


「服が捨てられない。」と嘆いてる方。
捉え方を少し変えて、服と向き合ってみてはいかがでしょうか


「思い出BOX」
「たまに開けて見ると、わ~って気分が上がるんです。」と
メンバーのおひとりがおっしゃってましたよ。
そんな モノがあるって素敵ですよね~


だけど、思い出BOXの中もたまには点検してくださいね。
今 着ている服より思い出BOXの中身の方が多くなってしまうのもダメですよ~


というのが、今回のお片づけサークルでした。
私もまだまだ学ぶ事だらけ。   本当に勉強になります
興味のある方  一緒に学んでみませんか



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。